コーポレートセクション 金田 貴光

「誰もが使いやすい設備」を追求する

日立事業所 設備技術部 設備技術課
鉱山学部卒 1997年入社

※所属・内容等は取材当時のものです

私の仕事

製造現場のすべての電気設備を見つめる

私が所属する設備部門は、大きく分けると「機械」「電気」「土木建築」の3つの専門分野に分けられ、その中で私は電気を担当しています。具体的には、電気担当のプラントエンジニアとして新しい設備の設計から設備設置後のメンテナンス・日常管理まで幅広く担当しています。
社内では、大きなものでは10万V以上もある受電設備からLED照明などの小さな設備までたくさんの電気機器を使用しており、それらの電気設備の設置やメンテナンスは、全て我々電気担当者が担当しています。例えば、「大きな設備をボタン一つで稼動させ、ボタン一つで全てを停止させる」。このような設備の電気設計をしたり、作った設備を維持する為の定期点検やメンテナンスをするのが、我々の日常業務です。

印象に残る仕事

幅広い知識が現場の課題を解決

エンジニアリング会社と違い、製造業に所属するプラントエンジニアは、幅広い分野の知識を求められ、その中から社内で使える技術を導入し、生産ラインの効率化を図っていきます。入社後、プラントエンジニアの仕事を通して、学生時代に学んだこと以外の数多くの知識に触れていくうちに、何気に普通の生活の中で目にするものが、どのように動いているのか電気的に見えて来た時、自分も成長したと感じました。
入社当初は「このような設備を作りたいから、数十万円の予算で考えて!」と言われ、驚きとやりがいを感じたことを思い出します。月日が流れ、社内でもなかなか経験出来ない数十億円もの大きなプロジェクトに携われたことも、この会社に入ってよかったと思うことの一つです。

仕事をするうえで大切にしていること

「誰もが使いやすい設備」が理想

私たちプラントエンジニアは、自社で使う設備をオリジナルの発想で製作します。これまで多くの案件に関わりましたが、そのなかでは色々な失敗も経験しました。その中で学んだことは、「誰もが使いやすい設備を作る」ことです。このことを何よりも大きな目標にしています。
当たり前のことですが、設備を使うオペレーターやエンジニアが使いにくい設備を作っても、みんなが苦労するか、あるいは結果的に使われなくなってしまいます。「使いやすい設備」と言っても、言うは易しで、実際に自分で作るのはとても大変です。
そのため私が心掛けていることは、職場でのコミュニケーションを大切にし、求められる技術にすぐに答えられるよう、日頃から視野を広げて色々なアイデアをストックするということ。自分なりのアイデアで、誰からも喜ばれる使いやすい設備を作ること。これが目標です。

後輩に

製品が世界中で使われる喜び

私たちの会社は、銅をベースに金・銀・レアメタルなど、いろいろな金属を使った様々な製品を、世界中に販売しています。その為、様々な知識を持った社員が働いており、日本のみでなく海外のたくさんの国や地域で、力を発揮しています。
将来、自分が手掛けた仕事から出来た製品が、携帯電話やパソコンの一部となり、世界中の人々が手にしている姿を目にした時、きっと自分の仕事を誇りに思うことが出来るはずです。夢や希望が、未来の世の中に、全く新しい商品を生み出すかもしれません。そのような仕事を、当社で一緒に出来る日を楽しみにしています。