JX金属
JX Nippon Mining & Metals
Recruitment Information
Menu
-- particles

JX金属について

Top Message

トップメッセージ

変革を恐れず、
挑戦し続けるあなたへ

当社採用サイトをご訪問いただきありがとうございます。JX金属は、1905年の創業以来、銅の採掘・製錬から始まり、以降社会の変容に応じて金属加工、リサイクルや電子材料などへ事業領域を拡大しながら、我が国における銅のトップサプライヤーとしての地位を確立してきました。銅は人類が初めて使った金属とも言われ、硬貨や銅像の材料として昔から使われています。高い加工性、耐食性があり、電気をよく通す性質もあることから、近代では形を変え、建材や電線などのほか、スマートフォンやパソコン、電気自動車などの先端製品の生産財として不可欠な素材になりました。

JX金属は、多様化する社会のニーズに応えるべく、近年では銅以外にも貴金属やレアメタルと呼ばれる希少金属も幅広く扱い、私たちの暮らしになくてはならない非鉄金属素材の総合メーカーとして、「人々の暮らしを豊かにする金属・素材」を供給しています。今後は、高度かつ独自性ある技術を生かして高付加価値な先端素材を提供しつつ、SDGsで語られるような地球規模の要請に応える事業を展開することで、より良い社会の実現に貢献していく所存です。

さて、JX金属に関心を持っていただいた皆さんに、当社が大切にしている姿勢を二つお伝えします。共感していただける方には、ぜひ、エントリーいただければと思います。

一つ目は、「変革にチャレンジする勇気を持ち、自ら提案する姿勢」です。劇的に変化する時代においては、必ずしも現状が最適とは限りません。目的や本質を捉えた上で、時代に合った最善の方法を提案いただきたいと思います。当社には「仕事本位」という言葉があります。課題に対して立場に構わず意見を戦わせることを許され、むしろ、それが求められるという意味です。仕事本位を実践するには、新入社員という立場でもプロとして仕事に責任を持ち自己研鑽に励む必要があります。そして、その姿を見ている上司や先輩は、新入社員であっても軽んじることなく一人のプロとして尊重し、真剣に議論する、そんな環境があります。変革や摩擦を恐れない積極的な提案を期待しています。

二つ目は、「グローバル人財として成長する姿勢」です。JX金属は国内各地はもとより、海外にも多くの拠点を有しており、また、多くの海外企業とビジネスを展開しています。社会の流動性が高まる今、国内外問わず、異なる価値観を持つ人たちとともに課題に挑戦していくためには、さまざまなスキルや教養を身に付けることが大事です。会社としても充実した教育機会を設けていくつもりですが、一番大切なのは「一流のグローバル人財になりたい」という一人ひとりの気持ちです。

当社は立ち止まることなく、変革を恐れず、これからも進んでいきます。ともに高め合えるあなたにお会いできることを、楽しみにしています。

JX金属株式会社 代表取締役社長 社長執行役員
村山 誠一

2022年度新卒採用は、
こちらからエントリーしてください。