JX金属
JX Nippon Mining & Metals
Recruitment Information
Menu
-- particles

社員紹介

努力を重ね、
成長を築く。
諌山 恭平
KYOHEI ISAYAMA
プラントエンジニア
佐賀関製錬所 設備技術部 設備技術課
2017年 新卒入社
建築・都市システム学課程 卒
JX金属を志望した理由は?
熱心に育てようとする文化。

学生時代に取り組んだ研究テーマは「波浪場における底質移動メカニズムと構造物の安定性評価」です。具体的には、波浪により生じる地盤洗掘現象が海岸構造物に与える影響を明らかにするため、海底面の流れによって発生する掃流力および地盤内の鉛直有効応力に着目し、実験的な研究をしていました。就職活動において大切にしたのは「幅広さ」と「多様性」です。一般的に土木・建築分野の学生が意識するのは、大手ゼネコンや建設コンサルタントです。それらの企業では橋梁やダム、トンネルといった一つの分野の専門性を磨き、極めることができます。しかし私は幅広く、多様な仕事に関わりたいと思っていました。同じ大学の先輩に相談したところ、「メーカーにおける工場勤務」という働き方を知り、その後縁があってJX金属のインターンシップに参加しました。若いうちから責任ある仕事を任せてもらえること、分からないことはしっかりと指導してくれること。そういった面から熱心に若手を育てようとする文化が感じられ、JX金属を志望しました。

現在の仕事内容を教えてください。
「維持保全」と「新設備の建設」

プラントエンジニアとして、設備技術部の土木・建築分野を担っています。仕事内容は「既存設備の維持保全工事」と「新たな設備の建設」に大別できます。前者の「既存設備の維持保全工事」においては、既存建家の屋根や壁の修理をはじめ道路の整備、炉内レンガの築炉・解体など、工場内の土木・建築に関する建家・設備の修理を幅広く行っています。操業の継続に関わるプロジェクトもあるため、早急な対応と的確な判断力が求められます。一方で後者の「新たな設備の建設」においては、施工方法や工事完了後の操作性、維持管理方法まで考えながら、社内の機械・電気担当や社外の施工会社と何度も打ち合わせを重ねて進めていきます。

仕事のやりがいや難しさをどのような部分に感じますか?
成果物が、目の前に現れる。

さまざまな場面でやりがいを感じます。例えば、維持保全工事でトラブルが発生した際には、操業に影響する場合があるため、すぐに対応します。現場や外部協力会社と議論を重ね、試行錯誤しながらトラブルの解決に向けて取り組みます。機械・電気担当との調整も必要になるため、やるべきことが多く、そこは大変な部分だと思います。しかし、トラブルが解決したときには達成感や喜びを感じることができます。また新設案件では、計画段階から携わった工事が完了し、目に見える形で成果物が現れることが面白いです。建設に携わった建家や設備を目の前にするたびに、感慨無量になりますね。難しさを感じる場面は、計画を進める際、想像力や経験が不足しているため打ち合わせの内容を理解するのに時間がかかること。必要に応じて、上司がフォローしてくれますが、早く一人前になってスムーズに計画を進められるよう努力していきたいと思っています。

これからの目標を教えてください。
より良いものをつくりたい。

これまで述べたように、私には大きく二つの仕事がありますが、それぞれに目標があります。まず維持保全に関しては、操業内容や設備についての知識を身に付けるべく、工事ごとにその内容をしっかりと把握し、忘れないように資料を残していきたいと考えています。そして補修工事を行う際には、現状復旧だけでなく、費用・工期などをしっかり考慮した上で、より良い修理作業を実行できる人間になりたいです。新設案件については、どれだけ費用を抑え、より良いものをつくれるかという課題を持ちながら取り組みたいと思っています。同時に、工事完了後のメンテナンスまで考慮したモノづくりを念頭に、竣工図面の管理および法的な手続きの管理にも力を入れていきたいと考えています。

Episode
初めての達成感。

入社1~2年目の頃、リサイクル原料の分析棟の建設プロジェクトに携わりました。そのプロジェクトは、リサイクル原料分析能力増強を目的に、既存の分析棟からリサイクル品の分析機能のみを独立化させるというもの。とはいえ、当時私は入社したばかり。建物がどのような順序で建設されていくかも分かりませんでした。打ち合わせに参加し、理解できない言葉にひたすら耳を傾け、メモを取り続けた記憶があります。工事が始まると、毎朝上司と現場に行き、工程ごとの確認事項や注意点を丁寧に教えていただきました。工事中は機械担当との調整が上手くできず、外部協力会社の方々にも迷惑をかけてしまい、夜遅くまで現場確認や打ち合わせをした日もあります。そして1年かけて、工事は完了。更地だった場所に、鉄筋コンクリート造3階建て、延床面積1,230㎡の新しい建家ができたのです。JX金属に入社して初めて達成感を覚えたエピソードです。あのとき苦労した経験や実際の現場を見て学んだことを生かして、これからも邁進していきたいです。

※社員の所属部署は取材当時のものです
2022年度新卒採用は、
こちらからエントリーしてください。