JX金属
JX Nippon Mining & Metals
Recruitment Information
Menu
-- particles

社員紹介

プラントオーナーにしか
できない仕事がある。
三尾 幸太郎
KOTARO MIO
プラントエンジニア
倉見工場 設備技術部 設備技術課
2019年 キャリア入社
工学研究科 機械創造工学専攻 修了
転職を決めたきっかけを教えてください。
プラントオーナーになりたい。

前職はプラントエンジニアリング会社に勤めていました。転職を決めたきっかけは、「オーナー」という立場でプラント設計に携わりたいと考えたからです。プラントエンジニアと一口に言っても、それを専業としているエンジニアリング会社で働く場合と、JX金属のようなメーカーで働く場合とでは、仕事内容が大きく異なります。決定的な違いは「自由度」です。前者は案件を発注するお客様がいらっしゃるため、受注側であるエンジニアリング会社はお客様の要望通りにプロジェクトを進めていきます。後者は自社のプラントのオーナーとして働きます。つまり、自社設備のあらゆる課題に対して自ら製造現場の設備を見て、チームでアイデアを出し合いながら仕事を進められる自由度の極めて高い仕事です。現場の要望や案件の背景、今後の設備ビジョンを踏まえた基本設計から関わることができます。これが自分のやりたかったプラントエンジニアリングだと感じ、転職を決めました。

転職先としてJX金属を選んだ理由は?
多様な分野で、
広く社会に貢献できる。

広く社会に貢献できると考えたためです。これから社会的に一層5GやIoT化が進み、非鉄金属の需要もますます高まっていくことが予想されます。非鉄金属業界の中でもJX金属は資源開発から電材加工、環境リサイクルまで一貫して手がけているため、幅広い分野から社会を支えることができると思いました。また、設備企画から、立ち上げ、その後のフォローまでの一連のエンジニアリングに携われる部分にも魅力を感じ、JX金属を志望しました。

現在の仕事内容を教えてください。
工場の生産を、
エンジニアリングによって支える。

倉見工場設備技術課は、「新しい設備を入れたい」「既存設備の能力を上げたい、機能を追加したい」といった製造現場から上がる要望の実現をミッションとしています。まず製造現場へのヒアリングを通じて、現場の要望を設備仕様という形で明文化するべく、打ち合わせや調査を重ねて新規設備の導入計画や既存設備の改善計画を進めます。設備仕様が確定した段階で協力会社に発注します。協力会社は設備本体の納入を行うメーカーをはじめ、据付工事一式を取りまとめるエンジニアリング会社や技術商社、装置製作を担うベンダー、実作業を担う施工業者など多岐にわたり、さまざまな人と関わります。その後は当初の要望と設計内容に乖離がないかを確認したり、工程の管理を行ったりします。据え付け工事完了後は、能力や機能について実際に設備を動かしながら検証します。このように設備の企画計画から試運転まで、一連のエンジニアリング業務を遂行することで生産を支えています。

仕事のやりがいや難しさをどのような部分に感じますか。
それはまるで「我が子」のように。

私の仕事は、現場で上がる要望をそのまま実現するだけではありません。大切なのは操業性や保全性を考慮した上で、+αの提案ができるかどうか。そこがプラントエンジニアとしての腕の見せどころだと思っています。多種多様な性能のバランスを取りながら設備機能を満たすことは難しいですが、思い通りに設備が動いたときの達成感といったら言葉になりません。さながら我が子のような感覚ですね。また、仕事において最も優先すべきは「安全」です。安全第一を励行しながら品質やコスト、納期を管理し、同じ機能の設備を短期かつ低コストでつくり上げるための方法も考えながら仕事に取り組んでいます。

他社を経験したからこそ感じるJX金属の特徴は?
社員の志を尊重する風土。

非鉄金属業界の特徴は、市場トレンドの移り変わりが激しいこと。そのため柔軟性やスピード感が特に重要になる業界です。JX金属に入社してまず感じたのは、個人の裁量の大きさです。仕事の取り組み方の自由度がかなり高く、発注者としてメーカーに設計指示をするかたわら、他案件では必要に応じて自ら図面を描いたり施工したりと、柔軟かつスピード感を持って取り組むことができています。また、JX金属はキャリア入社した社員が多いです。他社の良いところは積極的に取り入れて生産性を上げていこうとする雰囲気もあるため、とても働きやすく業務改善の提案もしやすい環境だと思います。一言で言うと「志さえあれば、やりたいことが何でもできる会社」。満足度はとても高いです。

Episode
どんなに忙しくても、
しっかり指導してくれた。

入社して間もなく、設備投資額が100億円を超える大規模プロジェクトが立ち上がりました。私はチームの一員として冷間圧延機の立上げに携わりました。しかし、当時はまだ倉見工場の設備はおろか所属部署の同僚すら把握できていない状況で、分からないことばかり。圧延機メーカーをはじめ多数の外部協力会社が施工する工事現場の安全管理や工程管理を担当する一方で、銅箔圧延に必要な付帯設備の板厚計や板幅検出器など、自社設備の設計および施工計画、現場管理といったさまざまな仕事に取り組みました。いきなりフルスロットルを余儀なくされ、とんでもないところに来てしまったと驚愕したのを覚えています。まさに“習うより慣れよ”で現場を経験し、新天地に適応していきました。

最もありがたかったのは、当時の上司や先輩が仕事の取り組み方について丁寧に教えてくれたことです。自分がどんなに忙しくても指導の時間をしっかり取っていただけたので、一つひとつのフローを覚えながら着実に仕事に取り組めました。JX金属の人材育成がしっかり根付いた文化は、私にとってまさに嬉しい誤算でしたね。入社早々、大規模プロジェクトの遂行に携わったことも技術者として貴重な経験です。

※社員の所属部署は取材当時のものです
2022年度新卒採用は、
こちらからエントリーしてください。