コーポレートセクション 三浦 明洋

設備から、お客様の満足度を高める

倉見工場 設備技術部 設備技術課
自然科学研究科卒 2012年入社

※所属・内容等は取材当時のものです

私の仕事

製造現場の設備計画から工事までを担う

私は、製造現場で使用する設備の新設・改造について、機械担当として計画から現場への引き渡しまでを担当しています。仕事のフローとしては、担当となった設備の新設・改造について、現場と仕様をまとめ、仕様を満たすよう設計します。そこから工事や物品などの必要な金額を積算し、工事計画・工程などをまとめ、認可を取ります。認可が下りれば、次は工事や物品の発注、工事に必要な届出、現場と工期などを調整することになります。
実際の工事では、安全や進捗について施工管理を担当。工事完了後は、現場への説明・教育を行い、引き渡し完了となります。しかし、時には引き渡し後に要望事項が発生することもあり、その対応も行っています。

印象に残る仕事

設置した設備が稼働し続ける喜びと責任

自分が設計した設備が、工場内に設置され、実際に使われること。それこそが私の仕事のやりがいです。今の職場から異動になったとしても、私が設置した設備が、工場内で使われ続けるのだと思うと感慨深いものです。もちろん自分が担当した設備に何か問題があった場合には相応のフォローが必要となり、それだけに自分の仕事に責任を感じることが出来ます。常に様々な方向から問題を見る姿勢が養われていると感じます。
また、設備の改造が終了し現場へ引き渡した際に、普段は強面で取っ付きにくい現場の人から「ありがとう」と言ってもらえた時は、それまでの苦労が報われたという達成感と、自分の仕事に対して自信を持つことができ、次の案件へのモチベーションにもつながりました。

仕事をするうえで大切にしていること

2つの「ユーザー」を見つめる

私は2種類の「ユーザー」の満足度を上げることを考えて、仕事に取り組んでいます。1つはもちろん会社の製品を購入していただいている「顧客」です。顧客が当社の製品を選んでくださるとともに、当社と良いパートナーシップを築けるよう、より良い製品を、欲しい時に提供出来るような会社となるために、新しい技術の導入や生産の高効率化を考え仕事をしています。
もう1つのユーザーとは「現場」です。私が担当する仕事は、設備の新設・改善であり、現場とは関わり合いの強い仕事です。そのため、そこで働く人が満足出来るよう、使いやすく、安全で、かつ故障の少ない設備となるように心掛けています。また、設備の新設・改善が、安価かつ短工期で完成させることが重要だと感じています。

後輩に

自身が成長できる環境

当社の魅力は、自分が成長できる会社だということです。職場では新入社員であってもどんどん現場に出て実務経験を積むことが出来ます。また、大きなプロジェクトも若手のうちから任せてもらえます。もちろん先輩社員のバックアップがありますので、誤った判断をした場合、仕事の目的に沿ったアドバイスをしてくれます。
また、社内の人材育成制度が充実しており、職種や階層別の教育プログラムが用意されています。設備部門の教育を例にとると、新入社員から5年目までの間に、国内の主要工場を見て回り、各工場の特色や仕事のやり方の違い、あるいは共通点を学ぶことができます。さらには同年代の同職種との繋がりを深めることが出来るプログラムが組まれています。