コーポレートセクション 中川 太郎

ICT技術を駆使し、工場内の課題解決を図る

磯原工場 生産管理部 情報システム課
総合政策学部卒 2013年 キャリア採用入社

※所属・内容等は取材当時のものです

私の仕事

多種多様な課題へ、既成概念にとらわれない柔軟な発想で向き合う

私は、情報システム担当として、磯原工場のシステム全般に関わる業務に従事しています。システム課の業務は非常に広範に渡ります。
工場で働く社員が利用するPCや、そのPC上で動くシステム(生産、購買、労務etc)の構築・運用といった一般的な情報システム部門の業務を担当しています。また、こうしたことに加え、生産設備から品質データを抽出する仕組みや、ICタグを用いて倉庫の在庫を自動的に管理する仕組み、さらにはモニターを使って作業現場に緊急要請を通知する仕組みなど、PC/ICT関係という枠内だけにとどまらない仕事も少なくありません。各現場からあがってくる要望に対して様々な形で応え、磯原工場の操業をサポートしています。
磯原工場は、多種多様な製品の開発・製造を行っている開発型工場です。このためシステム自体も多岐に渡る上、システムを利用する側にも技術開発系の人材が多く、既成概念にとらわれない柔軟な発想を持った人が多いので、日々新しい技術・発想を取り入れながら業務に従事しています。

印象に残る仕事

チーム一丸となり、課題解決にあたる

キャリア採用で入社して間もない頃、課内で開催される定期勉強会にて、磯原工場ではまだ導入されていなかったソフトウェア構成管理の手法について簡単に紹介したところ、すぐに導入してみようという話になりました。当時、その手法を利用した経験はありましたが、実際の仕組みを構築した経験はありませんでした。
しかし、課内で行われる日々の作業内容にも影響する重要な仕事だったため、絶対に失敗はできません。自分にも周囲にも納得できるレベルに到達するまで、勉強と試行錯誤の日々が続きました。課内の多くの仲間の協力を得て、数ヶ月後の時を経て、無事、新しい仕組みを導入し、ソフトウェア構成管理に費やす課員の作業時間を削減することができました。
この経験には、「新人やキャリア採用者にも大きな仕事を、やり方も含めて任せてくれる」「任された責任をバネに、必死で仕事をすることで成長できる」「一度やると決めたことには、チーム一丸となって協力してくれる」といった当社の気風が現れていると感じています。

仕事をするうえで大切にしていること

常にチャレンジする姿勢が大切

日々の業務においては、磯原工場内各部門からの問い合わせや要望に応え、課題解決をサポートすることが基本となります。ICT技術の追求よりも、それを利用する人と向き合う仕事です。一方、日々驚異的なスピードで進歩するICT技術から、当社として得られる恩恵を最大化することが、大局的に見た情報システム部門の使命であるとも考えています。
私自身は「人と向き合い課題解決を図ること」「日進月歩で進化するICT技術」の両者を結びつけるべく、可能な限り新しい技術や考え方の提案・適用・実践を行うよう心掛けています。実際の仕事では予算、納期、その他様々な制約が常にあります。結果として、思い通りに進まないことも少なくありません。「そんなに凝ったことはしなくていいから、早く安くあげてくれ」といった声があがることもあります。
それでも、小さくとも出来ることからコツコツと積み上げていくことで、5年10年というスパンで、JXの職場がよりスマートに、より効率的に進化していくことに貢献できればという想いで、日々仕事に取り組んでいます。大きな注目を集めるシステム構築ができるとは限りませんが、チャレンジする気持ちを常に絶やさないように心がけています。

後輩に

最後まで課題を解決するプレッシャーを楽しむ

「大変。しかし、自由で、やりがいのある仕事」というのが、入社後の私の率直な感想です。当社は、どの部署でも、比較的少人数で仕事を回しています。したがって年次に関わらず、早い段階から責任ある仕事を任されやすいという特徴があると思います。もちろん上司や先輩からのサポートはありますが、所属部署の業務内のある分野を丸ごと任されるといったことも珍しくありません。
また、仕事における個人の裁量が大きいことも特徴のひとつ。議論を重ね、関係者の合意を得れば、仕事の多くを自分なりの考えで進めることも認められます。勿論、問題が生じた場合は、責任を持って最後まで解決しなくてはなりませんから、相応のプレッシャーはありますが、自分で考えて行動した結果であれば、どんな逆境もそれほど苦にならないものです。非常に充実した毎日を送っています。