コーポレートセクション 井上 貴博

JXグループの原価低減を担う

JXプロキュアメント株式会社(出向)
日比営業所
法学部卒 2005年入社

※所属・内容等は取材当時のものです

私の仕事

JXグループ内の資材調達を担当

私が所属するJXプロキュアメント株式会社は、JXグループにおける資材調達および工事契約業務を行う会社です。東京本社に勤務している社員以外にも、各金属事業所および各エネルギー事業所の営業所に勤務している社員を含め、160名ほどの組織です。
現在私は、パンパシフィック・カッパー株式会社日比製煉所内にある営業所で勤務しています。主な仕事は、資材の安定調達および原価低減、工事契約業務です。扱う資材は薬品・燃料から大型設備と多岐に渡ります。現場担当者からの購買依頼を受け、各取引先および現場担当者と連絡を密にしながら、案件を進めていきます。

印象に残る仕事

原価低減はコミュニケーションから

購買業務は、資材を安定的に調達するだけではなく、従来品よりも安い価格の資材を探し出すという、現場への原価低減提案も含まれます。単純に資材が安いから採用できるというわけではなく、現場での実機評価や分析評価、顧客の認定など、資材に応じて何段階もの作業が必要となるため、社内外とのコミュニケーションを頻繁に取るように心掛けています。
苦労の末に達成することができた原価低減が組織の利益向上に寄与できていると思うと、とてもやりがいを感じます。

仕事をするうえで大切にしていること

「人とのつながり」を大切にする

入社後、大分県の佐賀関製錬所、茨城県の磯原工場、本社、そして現在の岡山県の日比製煉所と4つの事業所で勤務してきました。どの事業所においても常に私が心掛けていたことは、社内外問わず「人とのつながり」を大切にして業務に励むということ。具体的には、時間が許す限り、実際に顔を合わせ、情報共有を行うことです。
電話やメールはとても手軽で便利なツールですが、時には情報が断片的になっていたり、相手との間に意識のズレが生じることがあります。普段から「人とのつながり」を大切にすることで、ビジネスにおいて必要な情報の早期収集および各種案件のスピードアップが可能になりますので、今後もこの姿勢を継続していくつもりです。

後輩に

戦略の源は、常に「人」

私は常に人とのつながりを大切にしてきました。それは、人から得る情報や知識、さらには刺激の大切さを感じているからです。JXグループの各組織は、常に「人」とのつながりを源にして、目標を立て、その目標を達成するためのアクションプランを作り上げます。社員一丸となって目標に挑戦するため、その一人でもベストを尽くさない場合、アクションプランは出来上がりません。
当社は入社の早い段階から、社員に重要な仕事を任せてくれます。しかし、初めから100点満点ではなくても上司や同僚と相談をしながら、徐々に完成度を上げていけばいいので、心配は不要です。当社は「あなた」という個性を大切にする会社です。

2020年度新卒採用は、
こちらからエントリーしてください。