JX金属
JX Nippon Mining & Metals
Recruitment Information
Menu
-- particles

社員紹介

現場とつくるシステムがある。
現場とつくる
システムがある。
荻莊 裕太
YUTA OGISHO
情報システム
技術本部 情報システム部
2019年 キャリア入社
情報科学研究科 応用情報科学専攻 修了
転職先としてJX金属を選んだ理由は?
技術者としてキャリアアップしたい。

転職を決めたのは、技術者としてキャリアアップできる環境に身を置きたいと考えたためです。前職ではIoT分野のシステム開発を担当。しかし、自ら生産現場を訪れて課題を考えることはなく、他の事業部や他社から依頼された通りにこなすだけの仕事内容でした。次第に、もっと主体的にシステム開発に関わりたいと思うように。そんな心境の中、転職サイトから送られてきたスカウトメールでJX金属を知りました。積極的な投資を行い、生産活動の改善に取り組んでいること。製造現場と関わりながら生産管理システムの構築に携わる機会があること。興味を持った部分を挙げれば、枚挙にいとまがありません。また、JX金属は世界有数の銅生産量を誇る、非鉄金属の総合メーカー。その工場の自動化やIoT化の推進に携わり、技術者としてキャリアアップを図りたいと考えました。

現在の仕事内容を教えてください。
業務効率化に向けたシステムを開発。

情報システム部のデジタルイノベーション担当は、各事業部のIoT・AI活用の推進、生産現場の業務改善に向けた企画およびその遂行を担います。他にも、社外の各種ソリューションベンダーとの協業体制構築や投資計画の推進なども行っています。私は主に自社工場内における実証実験の企画・提案・遂行に取り組んでいます。具体的には、現場の方の作業を効率化するシステムの検討やプロトタイプの開発をしたり、学生時代に専攻していた画像処理・画像認識の知識を生かして、外観検査自動化の検証を行ったりしています。最近では大学との共同研究に参画するなど、幅広い業務に携わっています。

仕事のやりがいや難しさをどのような部分に感じますか?
常に現場視点で取り組む。

自分が開発したシステムのユーザーは、基本的に社内の人間です。そのため、ユーザーの反応を間近に知れて、仕事の成果を実感できる点にやりがいを感じます。ソフトウェア分野の経験や知識を生かして、JX金属のさまざまな課題の解決に貢献できる点も、この仕事の醍醐味だと思います。また、自ら生産現場に赴き、現場の担当者とディスカッションを重ねながら、現場視点で仕事に取り組めるため、常にモチベーションを高く維持できています。一方で、システム開発にあたって、ソフトウェア分野の知識だけではなく、生産計画や製造工程、設備などの知識が求められるため、難しい仕事でもあります。初めて知ることも多いですが、周囲のサポートを得ながら邁進しています。

他社を経験したからこそ感じるJX金属の特徴は?
分野の枠を越えて知見を広げる。

風通しの良さには驚きました。自分の意見や考えを積極的に取り入れてくれます。そのため若手やキャリア採用の社員でも、責任のある仕事に取り組める環境があります。さらに、近年キャリア入社の社員が増えてきていることもあり、新卒とキャリアの壁を感じることがありません。情報分野以外にも機械・電気など、さまざまなバックグラウンドを持つ社員が在籍しており、分野の枠を越えて知見を広げることができます。また、私の仕事は、IoT・AI活用の推進という役割を担っていることから、社内外の最新技術に触れる機会が多いことも特徴だと思っています。

Episode
現場とともにシステムをつくり上げる。

入社してすぐ、作業指示書作成の支援システム開発プロジェクトに携わりました。それまで作業指示書を作成する際は、現場の社員が設備から出力されるデータと手書きのデータを照らし合わせて、手書きで行っていました。この作業を自動化し、業務効率向上を目的として発足したのが同プロジェクトです。まずは手書きの作業指示書と同じものを出力するプロトタイプを作成。その後、現場の方も簡単にデータの入出力を行えるように、Webアプリケーションをつくりました。

現在は、本番運用を目指して改良を重ねています。プロトタイプ作成にあたっては、工場を見学して製品や製造工程について理解を深め、必要な機能や操作性について担当者とディスカッションしながら、並行運用にこぎつけることができました。この経験を通じて、現場とのコミュニケーションの重要性を改めて感じました。また、仕様などにおいて認識の不一致が発生しないよう、専門用語を避けたり、資料も図解を用いて分かりやすくしたりなど、円滑なコミュニケーションを取る上で大切な意識も学びました。

※社員の所属部署は取材当時のものです
2022年度新卒採用は、
こちらからエントリーしてください。